胎教がてら、フジ子・ヘミングを聴きに・・・


胎教がてら、フジ子・ヘミングのピアノ♪を聴いてきました。
初めて聴いたんだけど、芸術家!って感じだった。
譜面、特にリズムにはあんまりこだわっていないような・・・。
とにかく、独特の世界観がありました。
「革命」みたいな激しいのより、
「ラ・カンパネラ」みたいなやわらかな曲がやっぱり似合うかも。

おなかの中のチビちゃんはといえば、
ショパン「革命」の低音のところで、
よく暴れてました。
音響もいいから、いい胎教になったんじゃないかなー☆


ベルメゾンネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です