タグ別アーカイブ: つぶやき

このブログのアクセス状況

久々にGoogleAnalyticsやうごくひと2(携帯からのアクセス解析)を見てみた。

最近ほとんどこのブログを更新してないけど、アクセスは思ってたよりあるみたい。

ちなみに、9月は1度も更新していないけど、


9月のPCからのアクセス

1日平均ユニークユーザ: 19.3UU/日

1日平均ページビュー : 38.4PV/日

TOP検索キーワード: マジックソープ 激安



で、意外と多いのが、携帯からのアクセスで、


9月の携帯からのアクセス

1日平均ユニークユーザ:108UU/日

1日平均ページビュー:194PV/日

TOP検索キーワード:断乳



同じブログなのに、コレだけ違うとはおもしろい。

特に、検索キーワード。

携帯からのアクセスで上位を占めるキーワードは、「断乳」「腹痛」「妊婦」「微熱」「妊娠」「胎動」など、日常的に頭にある心配ごとみたいなワードが多い気がする。これは、携帯といういつでもどこでもアクセスできる特性とマッチし、いつでもどこでも検索できるということだと思う。

一方、PCからのアクセスで上位を占めるキーワードは、「マジックソープ 激安」「オイリリー 撤退」、あと、wordpress関連の言葉が多い。実際、マジックソープのアフィリエイトを張ってていくらか売れていることも考えると、PCからのアクセスはショッピングや、本腰を入れて検索するワードなのかな?と。

ちなみに、携帯・PCから共にアクセスの多いキーワードは「圧力鍋」。日常的な言葉だし、ショッピングの対象だし、レシピは本腰を入れて探す・・・みたいな感じw?

このブログではないんだけど、もう1つのブログ「赤ちゃん連れハワイ旅行記」のアクセス状況もおもしろい。このブログ、お嬢ちゃんが5ヶ月のときに行ったハワイのことをツラツラとまとめたんだけど、長期休みや夏前になると、自然とアクセスが増える。内容も赤ちゃん連れハワイ情報にしぼっているせいか、直帰率も40%ほどで、平均ページビューが多いのが特徴。こっちは携帯のアクセスは解析してないので、よくわからない。

1個人のブログだけど、携帯からのアクセスも意外と多く、やっぱりこまめに更新しようかなぁと思いましたw


日食、済んじゃったなぁ~

そんなに天体マニアでもないし、あんまり興味がなかったんだけど、いざ日食となるとフツフツ気になってw

でも、家にいたのに、日食最大時は気がついたら終わってました。

家のベランダからは、太陽がどこにあるかもわからなかったよ。

仕方ないので、NHKの硫黄島の日食ライブを見ましたが、非日常的でいいね。

あとで保育園のHPをみたら、尼崎でもきちんとみえたらしい。

ちゃんと外に出て見ればよかった。。。

同じく、見損ねた方、BBC:日食の動画でどうぞ。

今度、近くで日食があるってときは、見に行くぞー☆


おやじ日本

子供と楽しむおやじたち「おやじ日本」。

おやじ日本HP▼http://oyaji-nippon.org/

「世界のおやじ、日本のおやじ。」▼http://allatanys.jp/B001/UGC020006020090612COK00316.html

そもそも、「子育てに積極的に・・・」も何も、、、関わって当たり前。逆に子育てに関わらないってどういうことよ?自分の子でしょうが。と思う。ま、でも、「おやじの背中を見て育つ」っていう言葉があるけど、少なくとも、私はそうは思わない。子供、おやじの背中を見てるだけじゃぁ、育たないよ。

うちのお嬢ちゃんもママを見るとすぐに「ママァー、抱っこ~」とフニャーと脱力系になってしまうけど、パパと遊んでるときのお嬢ちゃんはちょっと違う。好奇心がキラキラしてる。パパは遊びをリードしてくれるお友達な感じ。だからか、パパがいるとなかなか寝ないw パパの存在は大きい。

ホラー小説「リング」は、1,2歳の娘をおぶってあやしながら、真昼間に書かれたそう。想像もつかないシチュエーションがおもしろい。

ところで、丸2日、ママがいなくても子供の面倒が見れるパパって、どれぐらいいるのだろう?

仕事があった上で、家族・生活があるのではなく、家族・生活があった上で、仕事があるような社会になればいいのになぁ。仕事もしたいし、子育ても、家事もしたい。と思うが、この不況、そんなに甘くないかw

仕事に忙しいおやじたち、それはそれで大変なことは重々承知だけど、子供の成長ってとっても早いから、がんばってキャッチアップしてね。


知ってるものの増え方

最近のお嬢ちゃん、「○○みたい」と、すぐに喩えを出す。
とくに、初めて触れるものに対して、喩えてる気がする。
例えば、初めて、アサリを食べて、「はなくちょみたい」
喩えの対象は悪いが、お嬢ちゃんの現状の知識から最適なものを選んだ結果、こうなったんだろう。
お嬢ちゃんはアサリを認知した。
よくよく考えると、自分たちも初めて食べるものに対して、まず、「○○みたい」「うん、そうやねー」などの会話をしている気がする。
しかも、特に食べもの・味の喩えって難しい。
自分の未知のものを解決していく場合、自分の現状の知識に紐付け、認知していくのかな?

新しい知識を既存の知識に関連付け、認知し、覚える。
だれも教えてないのに、すごいなぁと思う。
自然にできてしまうぐらい、このものの覚え方が最も効率がいいのかもしれない。
連想ゲームみたいな感じ。
逆に、全く今までの経験では喩えられないものに会うと、「うーん」と困ってしまうか、パッと何か閃いたりするのかも!
まさに、「喩えようがない!」っていう感覚。
こういう言葉があるってことは、みんな、連想ゲーム的に認知し、知ってるものを増やしていくということ?

お嬢ちゃん「○○みたい」って喩えられるようになってきたのは、知識・経験が増えてきた証拠だね。
いろんなものを経験して、あーだこーだ○○みたいだと考えるのっていいんだろね。


高速料金1000円

ETCつけてる車を1000円にするんじゃなくて、

ハイブリッドカーとか、バスを含めた複数人乗ってる車とかを1000円にすればいいのに。

ETCつけてる車だけ1000円だと、

高速道路に車が溢れて、渋滞になるし、全くエコじゃないし。

複数人乗ってる車対象だと、多く乗ってる分だけ、行き先地での消費が増えるし、

エコだし。