タグ別アーカイブ: レシピ

2015年 いかなご釘煮総括

今年ももちろん炊きました。いかなご釘煮。

例年より少し遅い解禁日で、2/26が開戦日だったのですが、値段が高かった。
なんと、1キロ1700円!
でも、後々、わかるのですが、実は、どんどん値上がりしていく一方…。
初日に高いなぁと思いつつ、ナンピン買いの気分で買ったけど、まぁ、結果、外れではなかったわけです。 続きを読む


明日解禁! いかなごのくぎ煮の作り方(おばあちゃんからの黄金レシピ)


ついにいかなごの季節がやってきましたね!この季節、兵庫県神戸市・明石市あたりは、もうこのいかなごを炊く甘辛いにおいでいっぱいになります!

いかなごの釘煮

わたしも昔はもらう専門だったのですが、いつも作ってくれていた祖母が、高齢で作らなくなっちゃったので、わたしが引き継ぎました。今では、実家に逆に送っているぐらいです。義実家にも送っちゃいますよ!!
では、その受け継いだレシピを・・・
続きを読む


アルプス乙女でりんご飴作ったよ。

りんご飴

りんご飴

きれいなアルプス乙女が安かったので、りんご飴を作りました^^
5歳児と作ったけど、飴を絡める部分はスピードが必要なのでちょっと無理でした。。(カラメルになってしまったよ・・・)
りんごを洗ったり拭いたり、は楽しくしていましたが。。

■材料■
・りんご(姫りんご・アルプス乙女だと10個ほど)
・グラニュー糖 100gぐらい
・水 ティースプーンに3杯ほど

■作り方■
りんごはきれいに洗って、しっかり拭き、竹串を刺しておきます。

できあがったりんご飴を置くため、バットかお皿にクッキングシートを敷きます。

なるべく白っぽいお鍋(ステンレスでもOK)に、グラニュー糖と水を入れます。
白っぽいお鍋がおすすめな理由は、液化したグラニュー糖の色を確認しやすいようにです。

中火にかけ、お鍋をゆっくりまわしながら、グラニュー糖が液体になるのを待ちます。
グラニュー糖が溶け、だんだん透明になり、黄色っぽく(べっこう飴色)なってきたら、火を止め、
お鍋を斜めにし、深い部分で一気にりんごに飴を絡めていき、クッキングシート上に並べます。
火にかけすぎると、べっこう飴を通り越し、カラメルになってしまいます。ちょっと苦いw
なので、手早く!

冷めたら出来上がり★

余った飴は、クッキングシートの上に少しずつ垂らしておくと、べっこう飴になります。(写真の奥の方に並んでいる)

コツさえつかめば結構簡単なので、ぜひぜひ、作ってみてくださいね♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
いつもの食材で出来ちゃうすてきなスイーツとごちそう

かんたん! たのしい! お菓子ナビDS


うちのギョウザ

久々に、ギョウザを手作り。

写真は、うまく撮れなかったので、こっちを見てね♪

うちのギョウザの材料は、

  • キャベツ(ときどき、白菜)、塩を振って水分を抜く
  • ニラ
  • 豚ひき肉
  • 春雨
  • ショウガ
  • ニンニク
  • 塩・コショウ・しょう油

春雨入れるのって、珍しいみたい。

学生時代に研究室でギョウザパーティーをしたとき、春雨入れるって言ったら、韓国人の先輩に「韓国のみたい!」って言われた。確かに、中華料理のギョウザって、春雨入ってないよね?ということで、ジャンルは韓国料理。

今回はお嬢ちゃんも食べるだろうと思って作ったんだけど・・・。

やっぱりショウガやらニンニクがきつかったようで、お口に入れてもべぇっと吐き出されてしまいました・・・。

今度からは、お嬢ちゃんだけショウガ・ニンニク・コショウ抜きやねw

大人用は、ビールに合うように、ピリッとね!


ミートソースをドリアに・・・

先日、山ほど作ったミートソース

続けて食べると飽きるから、冷凍してたので、

それをドリアに。。。

オリーブオイルでニンニクをいい香りがするまで熱し、ごはんをちゃちゃっと炒め、

バターで香り付け。

耐熱皿にそのごはんをのせ、温めたミートソースをかけ、

とろけるチーズをのせ、パルミジャーノ・レッジャーノをパラパラと。

で、トースターで10分ほど焼く・・・と。

お手軽ミートソースドリアの完成!

doria

今回は、ほんとミートソースだけだったけど、

ごはんとミートソースの間にホワイト系のソースがあってもいいかも。

こってりするかもしらんけどね。

ミートソースだけでも十分おいしかったです^^

ところで、ドリアって、イタリアンなのかなぁ?